イメージ画像

看護師の役割と種類

看護師の仕事を目指している人達は多いですよね。 では看護師っていったいどんな仕事を具体的にするんでしょうか? またどんな種類があるのでしょうか? ここでは、看護師の役割と種類について説明をしたいと思います。

看護師は、医師の指示を仰いで患者様の診察のサポートをしたり患者様が入院生活を過ごしやすいようにして日常生活のサポートをして看護をする仕事です。 医療をおこなうチームのひとりとして看護に関する専門知識やスキルを持ち患者様をケアしていかなければなりません。

そういった意味では医療チームのメンバーの中でも、患者様と接している時間が一番多いのが看護師です。 看護師は患者様の肉体的・精神的両面に渡ってサポートします。 そして医療行為がスムーズにできるような環境をつくりあげてケアしてゆきます。 看護師業務は医療に携わる色々な専門職がありますが、喜びや感動を受けやすくやりがいのある仕事です。

保健師助産師看護師法という法律によって厚生労働大臣の免許を得なければ看護業務はできません。 看護師は免許を取得した上で患者様の療養上のケアや診療サポートを行うように定められています。 要するに看護師になるには、高等学校の看護科や看護学校など専門的な養成教育が不可欠です。 学校を卒業して国家試験に合格しなければ看護師にはなれないということですね。

ここでお話した看護師は「正看護師」のことです。 看護師には「准看護師」と呼ばれる職種があります。 国家試験に合格した人が正看護師で、准看護師は都道府県で実施される試験に合格して知事から免許を交付された人達です。

どちらにしても看護についての専門教育を学ばなければなりせん。 そして試験にパスしなければならないです。 それでは続きまして看護師の種類についてご説明いたします。

(1)正看護師
法律上の看護師の定義において、看護師は厚生労働大臣の免許をうけなければなりません。 怪我をしたり病気になった人達の療養の緒正をしたり診療のサポートをする仕事をする人です。

(2)准看護師
都道府県知事の免許を受けなければなりません。 医師や歯科医師や看護師の指示の元で、看護業務をする人のことです。

(3)認定看護師
認定看護師は、必要とされる教育課程を修了しておかなければなりません。 そして特定の看護分野で、熟練した看護の知識とスキルを活用して看護ケアを実践します。 日本看護協会から認定を受けた看護師のことです。

(4)専門看護師
専門看護師は、日本看護協会の専門看護師認定試験に合格しなければなりません。 特定の専門看護分野で卓越した看護実践能力を持っている看護師のことです。

このように、看護師の役割と種類について説明をいたしました。 これから看護師を目指す人達はどのような看護師になりたいのかを考えてみましょう。

このページの先頭へ