イメージ画像

看護助手になるための資格

看護助手になるために必要な国家資格やその他の特別な資格などは
ありませんので、気になったところがあれば直接病院などに問い合わせ
をしてみるか、ハローワークで求人情報を検索して、自分の希望と合致
する職場が求人を出しているようであれば応募してみることが一番早く、
一般的です。

看護助手には特別な資格がいらないので、中には看護系の学校に通った
こともない主婦も存在します。ただし、看護に関係する資格を持って
いた方が就職の際に有利に働く事は間違いありません。

当然ながら病院で働くのであれば、少しでも知識がスキルが豊富な人
の方がより求められやすくはなるでしょう。
ところで看護助手になるために持っていると良い資格にはどのような
ものがあるのでしょうか。

まず1つ目の看護助手になるために持っておくと役立つ資格は、
メディカルケアワーカー(R)です。

これは、内閣府認証特定非営利活動法人である医療福祉情報実務能力協会
が主催となっている看護助手の資格試験です。
この他にも財)日本医療教育財団が行っているメディケアエイダーもおすすめです。

しかし、資格の取得には試験を受ける前に教育を受けなくてはなりません。
メディケアエイダーの資格を取る為には日本医療教育財団が制定
している教育訓練ガイドラインに合わせた過程を経て、福祉専門学校
などが行っている修了試験を受けて合格しなくてはなりません。

もし合格して、資格を手に入れることができれば即戦力として
期待されるでしょうし、就職できる可能性が高まるのでとても良いのですが、
自分で勉強して資格試験を受ければそれで良しとは行かないところが少々難点です。

しかし、どうしても看護助手の仕事がしたいと考えている人にとっては、
就職に有利になるとあってこれらの資格を取らない手はありません。
もちろん、看護師アルバイトとして働く場合でも有利なのは間違いないです。


看護助手の仕事は看護師のように医療行為を行うことはありませんが、
それでも患者を相手に仕事をするわけですから、正しい知識をしっかりと身に付け、
患者に信頼してもらえるような看護助手になれたら良いですよね。

このページの先頭へ